上原浩治ついに引退!雑草魂で日米トリプル100達成した巨人の背番号19ユニフォームを脱ぐ

突然の発表で朝からテンションガタ落ちなんですけど↓↓

背番号19上原浩治選手が引退を表明しました。

とても残念です。

雑草魂で上り詰めた上原浩治ついに引退

先日5/3にジャイアンツ球場で投げた試合をたまたま観れたのが宝物になってしまいました。

確かに軽くホームランを打たれた印象はありましたが、そのあとは打ち取ってまだまだ存在感はあったのに・・・。

引退の理由では、「ストレートを簡単にホームランされたこと」や「1軍に上がる選手は2軍では抑えられている、抑えられていない自分にチャンスがあるはずがない」など実力の限界を感じたことにより引退を決意したと観られます。

とにかく残念です。

上原浩治-生涯成績

年度所属試合数勝利敗北セーブホールド投球回奪三振防御率
1999巨人252040197回2/31792.09
200020970131回1263.57
2001241070138回2/31084.02
2002261750204回1822.60
2003271650207回1/31943.17
2004221350163回1532.60
20052791200187回1/31453.31
2006248900168回1/31513.21
2007554332462回661.74
200826651589回2/3723.81
2009オリオールズ12240066回2/3484.05
2010431213644回552.86
2011オリ→レンジャーズ652302265回852.35
2012レンジャーズ37001736回431.75
2013Rソックス7341211374回1/31011.09
2014646526164回1/3802.52
2015432425040回1/3472.23
2016502371847回633.45
2017カブス493421443回503.98
2018巨人360501434回2/3243.63
20190000000
748134931281042064回1/319722.94

出場経歴

初先発(初登板)・初奪三振

阪神3回戦-東京ドーム

1999年4月4日-坪井智哉

初先発勝利(初勝利)

広島1回戦-東京ドーム

1999年4月13日

初完投勝利

横浜7回戦-東京ドーム

1999年5月16日

初完封勝利

中日25回戦-ナゴヤドーム

1999年9月14日

初セーブ

中日5回戦-ナゴヤドーム

2007年5月2日

初ホールド

阪神12回戦-東京ドーム

2007年7月12日

オールスター(8回)

1999年、2001〜2005年、2007年、2014年(MLB)、2018年

タイトル

最高勝率投手賞

1999、2002、2004年

最優秀防御率投手賞

1999、2004年

最多勝利投手賞

1999、2002年

最多奪三振投手賞

1999、2003年

表彰

最優秀新人賞

1999年

最優秀投手賞

1999、2002年

沢村賞

1999、2002年

ベストナイン

1999、2002年

ゴールデングラブ

1999、2003年

月間MVP

1999年8月、2002年7月、2003年8月、2004年9月

最優秀バッテリー賞(特別賞)

1999年

最優秀バッテリー賞

2002年(阿部慎之助)

オールスター最優秀賞

1999、2001年

リーグチャンピョンシップシリーズMVP

2013年

記録

投手三冠王

1999年

投手四冠

1999年

1000投球回

2004年8月3日-ヤクルト戦

1000奪三振

2005年5月31日-日本ハム戦

100勝

2006年8月25日-阪神戦

1500投球回

2008年7月20日-横浜ベイスターズ戦

100セーブ

2015年5月10日

2000投球回

2017年5月12日

700試合登板

2017年7月24日

100ホールド

2018年7月20日

背番号

19

1999〜2017、2019年

11

2018年

引退会見コメント

「本日をもちまして21年間の現役生活を終えたいなと思います」と挨拶すると、「えー…」と声を詰まらせ、目をぬぐった。

「これまで自分に関わってもらった人々、方々、みんなに感謝したいと思います、ありがとうございました」と語った。

涙の理由について「もうちょっとやりたかったなっていう、そういう思いです」「もう自分が決めた以上、ユニホームを着ることはないわけですから。

気持ちを切り替えていかないといけないかなと今は思っております」とした。

決断のきっかけについて、「今年で辞めることは最初から決めていたことなので。3カ月が僕の中では勝負と決めていたので、2月、3月、4月とやるなか、一度も1軍で上がることなく、2軍で試合を投げさせていただいた中で、抑えてない葛藤もありましたし。これが8月、9月になるとチームが首位争いとか、そういう状況になっている中で、自分がこういう会見をするのは違うと思ったので。それだったら早く決めて、終わりたいと、そういう思いで(決断した)」と説明した。

巨人で現役生活を終えたことについて聞かれると「巨人に戻ってくることは正直考えていなかったので、そういう状況でとってくれた鹿取さん(当時GM)、由伸(当時監督・同い年)には感謝していますし、こういう場(会見)を設けてくれた球団には感謝しています」と話した。

出典:ヤフーニュース

yoshi
「もう少しやりたかった」と語った上原選手。
21年間お疲れ様でした!ジャイアンツに戻ってきてくれてありがとう!!

高橋前監督、原監督、菅野投手からのコメント

巨人前監督の高橋由伸氏

「昨日(19日)の午後1時過ぎくらいだったかな、上原から電話をもらいました。最初は寂しさも感じましたが、本人が決めたことなので『よくここまで頑張ったね』とねぎらいたいですね。上原とは自分が慶大4年時に日本代表で会ったのが最初の出会いでした。仲良くなったのは巨人に入ってから。誕生日が一緒なので、プロに入ってからは毎年のように食事に出てましたね。昨年、監督と選手という立場の違いはありましたが、同じユニホームをまた着ることが出来て嬉しかったですし、自分が辞める時に『力になれなくて申し訳ない』って頭を下げてきて、そんな責任感の強い選手でした。今度はゆっくり、2人でバカ話でもしたいですね。本当にお疲れ様でした」

出典:スポーツ報知

巨人の原辰徳監督

「上原投手とは、コーチ、監督とピッチャーという間柄ではありますが、長年にわたりともに戦った戦友であり、彼と一緒に戦うことで私もさまざまな勉強をさせてもらいました。雑草魂もついに燃え尽きる時を迎えたかという印象です。44歳までプレーを続け、日米で好成績を挙げたことに敬意を表します。お疲れさまでした」

出典:スポーツ報知

菅野投手

「本当にここまでできるのはすごいことだなと改めて感じますし、自分の中では上原さんとの時間というのは財産になったと思います」と振り返った。

 44歳になった今季も、若手に負けないトレーニング量をこなしていた上原。そんな姿に菅野は「練習に対する姿勢であったり、常に生活の中心に野球がある人だなと思っていました。ちょっとでも、そういうところを受け継いで、もっともっと近づいていきたいなという思いはあります。練習量は本当にすごいです」と話した。

出典:スポーツ報知

引退会見動画

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

日本一奪還!みんなで応援!